菅田将暉主演ドラマ 3年A組 2話 ネタバレあらすじ感想 Hulu見逃し配信

2019年1月6日(日)夜10時から日テレで放送開始された菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-2話のみてみた感想です(´∀`)

3年A組1話みてみた感想ネタバレ
3年A組2話みてみた感想ネタバレ
3年A組3話みてみた感想ネタバレ
3年A組4話みてみた感想ネタバレ
3年A組5話見てみた感想ネタバレ
3年A組6話見てみた感想ネタバレ
3年A組7話見てみた感想ネタバレ
3年A組8話みてみた感想ネタバレ
3年A組9話みてみた感想ネタバレ
3年A組10話みてみた感想ネタバレ

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-は動画配信サービスHuluで観ることができます。
無料で視聴するならHulu2週間無料トライアルがおすすめです♪

無料トライアルへのお申し込みは下のリンクをクリック
↓↓

※Hulu2週間無料トライアルへお申し込みの際は必ず2週間以内に解約を行う必要があります。
詳しい登録方法と解約方法はこちらから♪
↓↓
Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です- 2話 ネタバレあらすじ感想

<2話あらすじ>
生徒を人質に取る、という事件から一夜明けた3年A組。
前日のクラスメイトの衝撃的な死から数時間後の生徒らに、柊一颯(菅田将暉)は次の課題を発表する。

それは、景山(上白石萌歌)の死の原因となった動画を世に流した人物を追求するというもの。
さくら(永野芽郁)は景山の死と向き合うべく、一颯の出した命がけの課題の意味を探し始める。

そして、この授業は誰も想像しなかったある生徒の真相をあぶり出すこととなり…。

“やり逃げX”

景山澪奈が自殺に追い込まれた大きな原因が、SNSでの誹謗中傷の書き込みだった…。
そこには人一倍悪質で執拗に追いつめる書き込みをする“やり逃げX”というハンドルネームの人物がいた。
その人物が投稿した中に、ドーピングしたと思わしき動画がアップされていたのだ。

しかし、この動画は一部を加工したフェイク映像だと柊(菅田将暉)は見破った。
つまり景山澪奈はドーピングなどやってはいなかったのだ。
それなのに、あらぬ疑いをかけられ、追いつめられ、自殺してしまった…。

景山澪奈を自殺に追いやった張本人。
その人物がこのクラスの中の誰かであることを柊は見抜いていた。

たてこもり事件発生から一夜あけた2日目の新たな課題は“やり逃げX”が自ら名乗りでてもらうこと

簡単なようでかなり過酷な課題。

その張本人とは、おそらくだれも想像していなかった人物だっただろう。
柊がこの話題をし出してからあきらかに動揺しだした人物がいた。
“宇佐美香帆(川栄李奈)”だ。

宇佐美は景山澪奈の1番最初の友達だった。
しかしあることを境に、景山澪奈から避けられるようになってしまった。

きっかけは、宇佐美が景山澪奈へ誕生日プレゼントを贈ったさいに言い放ったささいな言動だった。
「自慢の友達だし、やっぱ全国レベルって偉大だわ〜。わたしの人気なんかしょせん校内レベルだから。」

宇佐美本人からしたら、景山澪奈を讃え尊敬している純粋な気持ちを伝えただけかもしれない。
それでも、この言葉はあまりにも軽々しく無神経に景山澪奈の心を傷つけることになってしまった。

言われた側からしたら表面上の部分しか見てもらえないまるで商品のように扱れていると思わざるを得ないだろう。
そんなの、とてもじゃないが友情とは考えにくいものだった。

きよのすけ
軽々しく言い放った言葉に悪意がなかったとしても言われた側からすれば刃物のように心に深く突き刺ささり傷を作ってしまうことがある。

言葉の難しさ。
伝え方の大切さ。

いつだってそれが大事なんだと認識させられます。

一生忘れてはいけないもの

景山澪奈から避けられるようになった宇佐美は、悲しさと寂しさと嫉妬から嫌がらせを繰り返すようになり、モンスターと化してしまった。
大好きなはずなのに、想いとは裏腹に溝は深まるばかりだった…ー。

またしてもタイムリミットの20時が迫ってきてしまった。
柊(菅田将暉)はクラスメイト全員を黒板の前にまとめて立たせ、”やり逃げX”が名乗り出なければ頭上に設置してある爆弾を爆発させると容赦なく攻め立てる。

緊迫した雰囲気のなか、小さく口を開いたのは”茅野さくら(永野芽郁)”だった。
わたしです…

しかし、こんなのはすぐに嘘だとバレてしまった。
本当に茅野さくらが”やり逃げX”だとしたら投稿しているSNSのログインパスワードがわかるはず。
さくらは答えられるはずもなかった。

さくらの嘘の行動に、心に張り巡らせていた糸が切れたのか、「バカじゃないの…」と、宇佐美が口を開いた。
そしてクラスメイト全員の前で“やり逃げX”は自分だと告白した

きよのすけ
ただこれもかなりデリケートな部分であって、”宇佐美香帆(川栄李奈)”のような一見強そうな人の方が悲しみにすこぶる敏感でデリケートだったりする
弱い心を守る為に吠える防衛本能が強くでてしまっているのがその証拠。

ううう…。
いろいろ切なくなってくる…(>_<)

それにしても川栄李奈ちゃんてこんなに演技上手な人だったんだ。キラキラ


悔しさと後悔といつまでもつきまとう悲しさで泣き叫ぶ宇佐美に、同じく今まで何も出来なかった悔しさと後悔でいっぱいの柊が、愛の鉄槌(てっつい)を下した。

「俺はいまこの瞬間に、お前たちの教師になるために、ここにこうして立ってるんだ…」

もし、自分の家の窓を割られたら、
もし、自分の服を切り裂かれたら、どんな思いをするのだろうか。

嘘の投稿で言われのない中傷を受けたら…、どれほど傷つくのか…。

宇佐美には、その気持ちを想像することが残念ながら出来なかった…。

それでも、景山澪奈は亡くなる前に柊に直接伝えていた。

宇佐美のことをこれっぽっちも恨んではいなかった。
むしろ、何も言わずに拒絶した自分が悪い。
宇佐美を悲しませたから怒るのは当然なのだと、自分を責めた。

“わたしは香帆と、本当の意味での友達になりたかった”

宇佐美は、そんな景山澪奈の気持ちを、想いを、踏みにじってしまったのだ…。

もう、二度と取り返しのつかないことをしてしまったのだ。

後悔と、悲しみと、情けなさとが、体中を駆け巡った…。

まるで、心臓がくだけ散るかのようにズキズキと…。

「それが痛みだ。一生忘れんなよ…!!

これにて、2日目の課題は誰も犠牲になることなく終わった。


きよのすけ
人はなぜ人を拒絶してしまうのか…。
それは悲しかったから
だからこれ以上心が傷つかないように離れてしまう。

景山澪奈は宇佐美から表面上の部分でしか友達としての繋がりがないんだと分かって悲しかったから拒絶した。

宇佐美はそこまで想像することができず、自分の行いを反省し改めることもできなかった。
景山澪奈が傷ついたと同時に、理由もわからずいきなり避けられた寂しさと悲しみで宇佐美も同じくらい傷ついたから。

景山澪奈はもう戻ってこなければ、二度と会うことも叶わないんだ…。

けれども、残された方の人間は、また生まれ変わることができる。
時間はかかるだろう。
何年経っても、また繰り返してしまうかもしれない..。

でも時間をかけて変わっていくしかないんだ。
同じ過ちは二度としないと心に決めて進むしかない。

時にフラッシュバックして落ち込むこともあるだろうけど、それを背負って生きていかなければならない

それが、残された者の使命なんだと思います。

ふぅ…。
この感覚。
この感じ。

まったく新しい”金八先生”を見ているかのようです。

時代は変われど、課題はいつだって同じ悩みにまみれているんだなぁと、深く考えさせられました。


見どころは本当にたくさんあるドラマなんですけど、わたしの文章力が乏しいためここら辺で締めくくらせて頂きます(^^;)
次回第3話も見どころたっぷりに違いありませんね☆

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-は動画配信サービスHuluで観ることができます。

無料で視聴するならHulu2週間無料トライアルがおすすめです♪

無料トライアルへのお申し込みは下のリンクをクリック
↓↓

※Hulu2週間無料トライアルへお申し込みの際は必ず2週間以内に解約を行う必要があります。

詳しい登録方法と解約方法はこちらから♪
↓↓
Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法