菅田将暉主演ドラマ 3年A組 10話 最終回 ネタバレあらすじ感想 Hulu見逃し配信

2019年1月6日(日)夜10時から日テレで放送開始された菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-最終話!のみてみた感想です(´∀`)

3年A組1話みてみた感想ネタバレ
3年A組2話みてみた感想ネタバレ
3年A組3話みてみた感想ネタバレ
3年A組4話みてみた感想ネタバレ
3年A組5話見てみた感想ネタバレ
3年A組6話見てみた感想ネタバレ
3年A組7話見てみた感想ネタバレ
3年A組8話みてみた感想ネタバレ
3年A組9話みてみた感想ネタバレ
3年A組10話みてみた感想ネタバレ

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-は動画配信サービスHuluで観ることができます。
無料で視聴するならHulu2週間無料トライアルがおすすめです♪

無料トライアルへのお申し込みは下のリンクをクリック
↓↓

※Hulu2週間無料トライアルへお申し込みの際は必ず2週間以内に解約を行う必要があります。
詳しい登録方法と解約方法は
こちらをご覧下さい♪
↓↓

Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です- 最終話 ネタバレあらすじ感想

<最終話あらすじ>
一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突きつけて校舎の屋上に現れた。

世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。

とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。

そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相が明かされた…。

“本当の犯人は…”

事件発生から10日目の朝8時。

柊(菅田将暉)は屋上へやってくるとマインドボイスからライブ中継を始め、景山澪奈(上白石萌歌)を死へ追いやった本当の犯人は誰なのか、全ての真相を話した。

事の発端は、武智大和(田辺誠一)によるフェイク動画が始まりだった。

この悪質な行為によって景山澪奈は”SNS”から大量の誹謗中傷を浴びせられてしまった。

その結果、心が壊れてしまった

ありもしない幻聴や幻覚を感じるようになり、手を差し伸べて守ってくれる存在ですら拒絶するようになってしまった。

心の逃げ場が無くなり、居場所が無くなり、誰も信じられなくなってしまったのだ。

景山澪奈が亡くなった当日、一緒にいたのは茅野さくら(永野芽郁)だった。

景山は、”ずっとそばにいるよ”と手を差し伸べてくれたさくらでさえも自分を否定してると思い込んでしまい、耐えきれず柵を乗り越え、必死に手を掴むさくらに「楽にさせて…」と伝え、地面へと落ちてしまった。

つまり、景山澪奈を殺した、死へと追いやった”本当の犯人”は、SNSへ投稿された見ず知らずの他人が書き込んだ心ない言葉だった。

柊は、画面の向こう側で面白おかしく見ている視聴者全員に訴えた。

“その自覚のない悪意が、景山澪奈を殺したんだ”

あのフェイク動画を鵜呑みにした私たち赤の他人が誹謗中傷を浴びせた二次災害こそが死に追いやった本当の原因だった

“悪にまみれたナイフで、汚れなき弱者を傷つけないでくれ”

きよのすけ
言葉の暴力。
これは、体に受ける暴力とはちがってかなり厄介なもの。

体の傷は時間が経てば治るけれど、

言葉の暴力によって受けた心の傷は、一生治らない。

死ぬまで治らない。

それを知っているのは、分かっているのは、誹謗中傷を浴びせている、無自覚に他人を傷つけている当事者ではない私たち赤の他人がよくわかっている事なんじゃないかな。

余裕なく動き回っている今の世の中、傷だらけになりながら一生懸命動き回っている人をたくさん知ってる。

傷を隠しながら、涙を流すことも我慢しながら、動き回っている人がたくさんいる。

他人を罵倒することで自分の傷を隠して棚に上げて、知らず知らずのうちに悪にまみれてしまっている人もたくさんいる。

みんな傷だらけなんだ。
みんなみっともないんだよ。

だから、1人だけでもいい、自分1人だけでもいいんだ。

先生のこの言葉を聞いて、今から変わればいい。

変わる努力を始めればいい。

“これで、おれの授業は完結する”

“言葉は時として凶器になる、ナイフなんて比にならないぐらい重く鋭く心をえぐってくる”

右にならって吐いた言葉が、相手を深く傷つけるかもしれない。

独りよがりに偏った正義感が束になることで、いとも簡単に人の命が奪えるかもしれない。

そのことを、たった1人でいい。

1人でいいから、そこにいる君に、これを見ているあなたに、どうか、胸に刻んでほしい。

他人をけなすより、まずは自分を律して、磨いて、創っていく方が大切なんだ。

だからどうか、どうか、あなたに届いてほしい。

柊は渾身の想いを込めて、全身の力を振り絞って、伝え続けた。

そしてライブ中継は終わり、メガネを外してゆっくりと屋上から飛び降りようとした…そのとき、

駆けつけたさくらの手が体を引き止めた。

さくらは“今度こそ”離すまいと必死に力を込めた。

“死なせない。どうか生きてほしい”

すると、次から次へとクラスメイト全員が屋上へ上がってきて柊の体を屋上へ引き上げた。

全員、がれきのすすにまみれて顔や洋服が黒く汚れていた。

柊はさくらに向かって”お前は本当に、景山の手を離したのか?”と聞いた。

さくらはあのとき、澪奈の手を離すまいと一生懸命手をつかんで離さなかった。
今回もそう、さくらは柊の手を掴んで離さなかった。

“な!そうだろう。お前は離さなかったんだよ!”

さくらは、澪奈を殺したのは自分の責任だとずっと自分を責め続けてきた。

そのことを、柊は知っていたのだ。

だから事件を起こした初日に、最後まで見届けるよう伝えたのだった。

景山澪奈を死に追いやったのは、お前のせいではないと分かってもらうために。

“この小さな手で、最後まで澪奈を救おうとしたんだ。だからもう、自分を責めるな”

さくらはその言葉にようやく心から救われることができたー。

こうして、10日間に及ぶ柊一颯の魂の授業が完結をむかえた。

器物損害の容疑で現行犯逮捕されることになったが、柊の言葉を聞いていた他の教師や警官の顔は感銘を受けたような、そんな表情をしていた。

きよのすけ
柊先生の魂の授業が終わりました。

先生の言葉、私はしっかりと心に刻み込んでこれからの生活を過ごしていきます。

しかし、人間常に正常でい続けられるかと言われると、なかなか難しいです。

人生山あり谷あり。

いい時もあればもちろん悪い時もある。

今日はいい日だった。
今日は嫌な日だった。

そんな日を何度も繰り返して繰り返して生きていく。

そしてそんな日から学びを得てそれを明日の活力に変えていく。

それはものすごいエネルギーのいることだし、しんどいことだと思う。

でもそうやって人は成長を遂げていく。

生きている限り毎日が勉強。

死ぬまで続いていくこと。

人生あっという間と言うけれど、結構長いものよ。

だからこそ、いったんグッと踏み止まってクルッと頭を一回転させて考えて答えを導かせる。

それを忘れずに、心を使って前に進み、しっかり休憩しながら過ごしていくことが大事なんだと思いました。

ちょっと、何いってるのか何が言いたいのかわからなくなってきましたが、私のつたない文章で伝えられるのはここまでのようです。

こういった内容のドラマが生まれてくれて本当に良かったと思います。

この先も3年A組をお守りのようにしていつまでも忘れないように見返していきたいと思いました。

ぜひみな様も見返したいと思った時はHulu2週間無料トライアルで見返してみてください。

さらに今Hulu特別映像ということで?
3年A組の卒業式前編・後編が公開されているのですが、私は涙が止まらなくなってしまったので前編の10分くらいで見るのを止めてしまいました。

泣きすぎて脱水症状になりそうなので、コップに水を汲んできてからまた見始めようと思います。

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-は動画配信サービスHuluで観ることができます。
無料で視聴するならHulu2週間無料トライアルがおすすめです♪

無料トライアルへのお申し込みは下のリンクをクリック
↓↓

※Hulu2週間無料トライアルへお申し込みの際は必ず2週間以内に解約を行う必要があります。
詳しい登録方法と解約方法は
こちらをご覧下さい♪
↓↓

Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法