菅田将暉主演ドラマ 3年A組 6話ネタバレあらすじ感想 Hulu見逃し配信

2019年1月6日(日)夜10時から日テレで放送開始された菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-6話のみてみた感想です(´∀`)

3年A組1話みてみた感想ネタバレ
3年A組2話みてみた感想ネタバレ
3年A組3話みてみた感想ネタバレ
3年A組4話みてみた感想ネタバレ
3年A組5話見てみた感想ネタバレ
3年A組6話見てみた感想ネタバレ
3年A組7話見てみた感想ネタバレ
3年A組8話みてみた感想ネタバレ
3年A組9話みてみた感想ネタバレ
3年A組10話みてみた感想ネタバレ

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-は動画配信サービスHuluで観ることができます。
無料で視聴するならHulu2週間無料トライアルがおすすめです♪

無料トライアルへのお申し込みは下のリンクをクリック
↓↓

※Hulu2週間無料トライアルへお申し込みの際は必ず2週間以内に解約を行う必要があります。
詳しい登録方法と解約方法は
こちらをご覧下さい♪
↓↓

Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です- 6話 ネタバレあらすじ感想

<6話あらすじ>
一颯(菅田将暉)の真意を知り、教室に残る決意を固めた一同は、まるで青春の1ページのような時間を過ごす。

その間、世間では一颯が投稿したリストにより魅皇高校の教師が澪奈(上白石萌歌)の死の原因だったのではないかという説が蔓延(まんえん)していく。

そして迎えた朝。

一颯は一丸となったはずの生徒に驚きの言葉を投げかける。

“犯人は、魅皇高校教師の誰か”

「マインドボイスをご覧の皆さんおはようございます。柊です。僕は影山澪奈を自殺に追い込んだ犯人を探しています。それが、“魁皇高校の教師の中にいます”

柊(菅田将暉)はついに世間に自身の正体を明かした。
さらに、影山澪奈を自殺に追い込んだ犯人は“魁皇高校の教師の中にいる”とまでも公表した。

このことを受け魁皇高校の教師一人一人に疑いの目が注がれることとなる。

今回の課題は生徒たちではなく魁皇高校の教師たちに出題された。

影山澪奈のフェイク動画を”ベルムズ”に依頼したハンターは、夜の8時までに名乗り出ること

名乗り出なかった場合、教室を爆発する

今度こそ3年A組クラス全員の命が危ない。

生徒たちも本当に教室を爆発させるなんて冗談だと思っていた。
がしかし、やっと打ち解けあったというのに柊の表情は冷たく狂気じみていて嘘のように突き放されることとなった。

だが、柊の”その行動”にはある深い理由が隠されていることにさくら(永野芽郁)だけが気づいていた。

生徒たちはどの先生が怪しい人物か全員で考察を始めた。

その中で水泳部顧問の“坪井先生(神尾佑)”の名が上がると教室内の雰囲気が一変していった。

“本当のこと”

水泳部顧問の“坪井先生(神尾佑)”はその厳しい指導から多くの生徒が水泳部から身を引いていった。

水越涼音(福原遥)もその一人だった。

水越はまじめに水泳に取り組んでいた。
それなのに、ひどい辞めさせられ方を顧問である平井にされたのだ。

恋人である中尾蓮(三船海斗)との交際がバレ、二人でいるところの写真を水泳部全員の前でばら撒かれ“男とイチャついてる奴が練習来ても迷惑なんだよ”と、いきなり突き放されたのだ。

このことが水越の心の中で消すことのできない深い悲しみを生んでしまった。
そしてそれは”恨み”へと変わっていった。

しかしこれには大きな誤解が隠れていた。

顧問の坪井は水越の母親に呼び出され、水越が病にかかっていることを知らされる。
このまま水泳を続けていたら命を落としかねない大病にかかっていたのだ。

水越自身が誰よりも努力していてることを知っている坪井は、病気のことを伝えてもきっと水泳を辞めないだろうと思いこんでしまいああいう態度をとって水泳を辞めさせるしかできなかったのだ。

キヨのすけ
伝える側にももちろん責任はある。
ちゃんと伝えることの大切さ。
それを教えなければならない大人がちゃんと伝えられないんじゃ負の連鎖は永遠に止まらないよ。

先生たちは綺麗に収めようとしているけど、どうしてそんな伝えかたしかできなかったのか、…やっぱり悲しい。

その時言わなければならないことがあるんだよ。

言葉があって、それを口と声で伝えなければいけないんだよ。

向き合うことを教師や、親、オトナが恐れちゃいけない。

坪井先生に任せた母親もどうかと思う。
自分が娘の悲しみを受け止めきれるか怖かったから全部教師に押し付けたのかな、とまで思ってしまう。

親としてちゃんと自分の子供に伝えなきゃ。
そのあとに待っている悲しみを一緒になって背負ってあげなきゃ。

優しさだとしても、それが相手にうまく伝わらなければこういった大きな誤解が生じ、一人の少女をモンスターにまでさせてしまう。

人間に限らず、犬や猫、動物にだってちゃんと伝えないといけないんだもの。
どんなに嫌われたとしても、誠心誠意伝えなければ相手に届かない。

“本質から目を背けるな”

水越はトイレでこっそりと撮影していた”平井先生が犯人です”といった告発動画をSNSで拡散するようクラスメイトの結城美咲(箭内夢菜)に、スマホを隠し持っていることを黙っとくとの交換条件でお願いをしていた。

坪井先生がなぜあんなに酷い態度で水泳部から退部させたのか、その真実が自分の体を守るためだったと知った水越は、今更になってとんでもないことをしてしまったとひどい後悔に襲われた。

しかし、動画はSNSにはアップされていなかった。
監視カメラで柊(菅田将暉)に全てバレていたのだ。

危うく、坪井先生を傷つけてしまうところだった。
安堵したのか水越は腰を抜かしてその場に座り込んでしまった。

「…よかった…」

ことの真相を知ったクラスメイト全員も、心を落ち着かせることができた。

かと思ったその時、柊は水越の胸ぐらを掴み、「何が”よかった”んだ?」

そう言って怒りをあらわにした。

“お前たちはもう、感情に任せて過ちを犯せる歳じゃないんだよ”

そう、ここで“よかった”の一言だけで済ませてしまえば、また同じような過ちを繰り返してしまうだろう。
他のクラスメイトも同様に。

もし本当にあの動画が世間に流れていたら、坪井先生がどんな目にあっていただろうか…?
言われようのない汚名をきせられ、本人が、家族が、友人が、傷つけられたかもしれない。

一時の感情に身をまかせ、取り返しのつかないことをやろうとした。
それに違いはない。

何がいけなかったのか。

上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだ。

目の前で起こっていることをちゃんと目で受け止めて、頭に叩き込んで、胸に刻むんだ。

それをしないから何回も何回も同じことを繰り返す。

本質から目を背けてはダメなんだ。

だからもっと、もっと、自分の言葉に、自分の行動に責任を持て。

言葉一つで、簡単に命を奪えるってことを忘れるな。

キヨのすけ
ここで食い止めなきゃいけない。
この世は理不尽なことでありふれすぎてしまっている。
悲しみにふけって、いつまでも暗い闇の中をさまよっている人たちであふれている。

自分も同じように理不尽にまみれたらラクだろう、そう考えてしまうかもしれない。
そうすれば傷つかずに済むだろうからって…。

まみれたらなぜラクかって、それは考えないから

考えないってラクなもんで、ラクしようとする人は他人のことはおかまいなしで“頭を使って心を配る”ことを忘れてしまうんだよね。

それは退化の始まり。

それじゃいけないと気づかないと。
それじゃいけないと気づいたものは必ず勝つ。

それじゃいけないとしっかり気づいて、気づいた自分を遠くへ追いやらずに、よく考えて、考えて、考えて。

胸に刻むんだ、十字架をかけて。

“もう二度としないと”

相手の気持ちをたくさん想像しなければいけない。

物事には必ず裏がある。
それは悪意だったり、優しさだったりさまざま。

それが何重にも重なっている。

厄介かもしれないけど、一度止まって、何としても食い止めなきゃいけない。

過ちを犯してしまう前に。自分がモンスターになる前に。

止めて、また繰り返して、またどん底へ落ちて、また這い上がって、また生まれ変わらなきゃいけない。

未熟な者たちで作り上げられたこの世界は、不幸と幸せの繰り返し。

けど、それでいい。
みっともないまま学んで、進んでいくんだ。

ゲームの続き

魂の授業はひと段落したが、肝心の課題は成し遂げることができなかった。

ということで、柊は予告通り教室を爆発させると宣言し、扉に鍵をかけ生徒たちを閉じ込めた。

慌てる教師に泣き叫ぶ生徒たち。

次の瞬間、ものすごい大きな爆発音が鳴り響いた。

外に飛び出した教師と警察の目にはもくもくと大量の煙が目に入る。

ところが、爆発したのは3年A組の教室ではなく、隣の3年B組の教室だった…。

生徒たちは一人の死んではいなかった。

どういうことなのか混乱する生徒たちの中で、たった一人、茅野さくら(永野芽郁)だけは柊のある行動を理解して冷静でいられた。

今日の授業が始まる最初に言っていた”信じる信じないゲーム”

柊がメガネをかけているときは”信じろ”

メガネを外しているときは”信じるな”

柊は本心ではないときメガネを外して喋っていた。

このゲームはずーっと続いていたのだった。

キヨのすけ
考えさせられすぎて涙が止まらない。
そして迫真の演技に息が止まってた。

二度と、一生忘れてはいけないこと。

きっと、心に傷を負ったことない人などいないでしょう。

みんな傷だらけで、今日も、明日も、これからを、生きていく。

その上で人との関わりは切っても切れないもの。

平等に与えられた試練であり、優しさに溢れたご縁でもある。

でも、人間はどうしても未熟な生き物だから、人を喜ばせるばかりでは生きられない。

だからこそ、上辺だけで物事を見てはいけない。
自分自身の本質があるのなら、心の声があるのなら、それは相手にもあるはず。

頭を使って、心を配る。

“本質から目を背けるな”
先生の言葉、心に、魂に、届きました。

菅田将暉主演ドラマ 3年A組-今から皆さんは人質です-は動画配信サービスHuluで観ることができます。
無料で視聴するならHulu2週間無料トライアルがおすすめです♪

無料トライアルへのお申し込みは下のリンクをクリック
↓↓

※Hulu2週間無料トライアルへお申し込みの際は必ず2週間以内に解約を行う必要があります。
詳しい登録方法と解約方法は
こちらをご覧下さい♪
↓↓

Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法