菜々緒主演ドラマ Missデビル〈ミスデビル〉6話 ネタバレHulu動画見逃し配信

Missデビル第話まできました♪♪

第6話は篠田麻理子ちゃんが登場するので予告編からとてもとても楽しみにしてました!

今回はどんな展開が繰り広げられるのでしょうか??

そして今夜5/26(土)22時からMissデビル第話放送されます☆

楽しみであります♪♪

Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第1話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第2話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第3話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第4話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第5話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第6話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第7話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第8話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-第9話みてみた☆
Missデビル-人事の悪魔・椿眞子-最終回みてみた☆

MissデビルはHuluにて全話配信中です。
全話見るなら『Hulu2週間無料トライアル』がおすすめです。

※Huluはスマートフォン、iPhone、タブレット、パソコンなど全てのデバイスからいつでもどこでも簡単に視聴可能です。
※2週間無料お試しをご利用の際は、必ず2週間以内に解約をしてください。

Missデビル〈ミスデビル〉第6話ネタバレ 菜々緒主演 みてみた☆見どころは??

ミスデビル
<6話あらすじ>
眞子(菜々緒)から宣伝広報部に研修に行くように命じられた博史(佐藤勝利)。
折しも宣伝広報部では妊娠中の唯香(篠田真理子)がテレビの取材を受けることになり、部長の寺田(湯江タケユキ)が張り切っていた。
会社の子育て支援をアピールしたい寺田は、唯香に仕事をさせないよう過剰に気遣う結果、周囲の女性社員の中で孤立してしまう。
周囲の態度が「マタハラ」ではないかと博史は眞子に相談するが、一蹴されてしまう。

「宣伝広報部」へ研修

ミスデビル
今回は「宣伝広報部」へ研修に行くことになった博史。

宣伝広報部とは言わば会社の”顔”。

外から見える自分の会社を勉強してくるように、とのことで今回はリストラ候補は探さなくていいようだ。

ミスデビル

眞子に”楽しく過ごしてこい”と伝えられた博史だが、きっと裏でなにか企んでいるに違いないと推測する。

宣伝広報部は他の部署と違って華やかな印象を受ける。

すると、宣伝広報部の寺田部長(湯江タケユキ)に呼び出され、現在妊娠3ヶ月の吉武唯香(篠田真里子)がテレ日というテレビ局から密着取材を受け共亜火災の育児支援制度がどのようなものなのかテレビで放送されることを知った。

テレビ放送ということもあり唯香に過剰に気を使う寺田部長を見て一生懸命な人なんだなと思い、最初は好感を抱いていた…。

きよのすけ
今回のスペシャル出演者は元AKB48の篠田麻里子さまです♪
妊娠中の女性社員を演じています。
見始めて早々、胸の奥がザワザワしてきました。
“育児も仕事も頑張る”…か。
それが”輝く女性”….。
育児も仕事もテキトー(適度)にやらないと過労でぶっ倒れちゃうよ。
ワタシは既にここで怒りと疑問が渦巻いてきてしまいました…。
冒頭からすみません(笑)
今回あまり心穏やかに観られないようです。
なんだろ部長が….なんだろ。
部長が…ぬぬぬ…ナンダカざわざわです。

この時点でワタシの心はザワついてきました(笑)

職場の雰囲気最悪。クレイジー部長に女性陣イライラ

ミスデビル
妊娠中の唯香に仕事を振る湊課長にすぐさまかけより仕事は振るなと指摘し出した寺田。
明らかに理不尽きまわりない発言に湊課長、他の女性社員はありえないといった表情を浮かべる。

ミスデビル

唯香もこんなにあからさまなえこひいきはもちろん1ミリも望んではいない。

傍観していた博史は同僚の女性達のキツい発言で唯香が気の毒な思いをしていると感じ、眞子に現状を報告しにいくが聞き入れられることはなかった。

きよのすけ
「根本的な問題を解決せずに他の社員にしわ寄せが行くことは私は反対です。」
ほんとその通り。
寺田はこの言葉の意味全く分かってないな。
湊課長こそ部長となるべき存在。
寺田のような男性はものすごい厄介なタイプですね。
明らかに理不尽な対応は受けている社員にしか痛みは分からない。
だから、少し離れて見ている博史にはこの苦痛は分からない。
宣伝広報部に今何が起きているのかなんて分からないんだよね。
博史くん違うんだよそこじゃないんだよ…(怒)
見るべきところは寺田の理不尽な態度であってだね(怒)
女性陣も皆そこに腹が立っているんだよ。

唯香さんが一瞬麻里子さまになって「はあ?」とか寺田に向かって言って欲しい(笑)
てめーが子ども産んでみろやとか言ってほしいいぃぃぃぃぃ…なんて。

すみません。
今回穏やかに観られないですね(笑)

極度のストレスで唯香が倒れてしまった

ミスデビル
唯香の荷物を手伝おうと博史が声をかけた直後、苦しい表情を浮かべて倒れてしまった。
眞子がすぐさま現れ体を支えたおかげで転倒は真逃れ体を撃つことはなかった。

慌てて病院に駆け込んできた寺田は、体調が悪くなってしまったのにも関わらず明日にはテレビの取材が控えているから早く体調を治すようにプレッシャーをかけるような言葉を唯香に言い始めた。

ミスデビル

さすがにそれはおかしいんじゃないかと思った博史もそれは違うのではと応戦する。
しかし、部外者だからと弾き返されまったく聞き入れられなかった。

ミスデビル

次の日、唯香は職場へ現れたが明らかに顔色が悪い。
湊課長も体調が悪いのに会社に来られても逆に迷惑だと言わざるおえなかった。
その言葉に寺田が逆上。
湊課長は裏に呼びだされ、唯香もこのような状況を作ってしまったのは自分だと思いその場で皆に謝罪をしたが職場の雰囲気は険悪なままだった…。

きよのすけ
やばい。
このシーンを観ている時の私の顔…、

般若のお面のような顔になってました。

寺田…こやつ…。

イライラしすぎて鼻血がでそーーーーーーーーー。

眞子サマ早くきて〜〜〜〜〜〜(ToT)




寺田部長をリストラ候補として報告!!

ミスデビル
最初は寺田部長に好感を抱いていた博史だったが、この状況、もう黙ってはいられない。

意を決して眞子に寺田をリストラ候補として報告した。

今回、リストラ対象者を特定しろとは言われていない。

しかし博史は人事部の人間としてこの状況を見過ごす訳にはいかないと強く意見した。

ミスデビル

それは正しい判断であると眞子も納得してくれた。

だがしかし、あの部署から去るべき人物は寺田部長ではなく他の人物であると言い出した…。

きよのすけ
おおおおお…。

博史…今までで一番かっこいいぞ…!!

人事部の人がこうやって動いてくれるとこんなにも心が楽になるものなんですね。

今、荒れていた心の波が少し静まってくれました。

これは明らかなる脅迫!!デビルの鉄脚が下る!!

ミスデビル
今や最初の華やかさ穏やかさ雰囲気はまったく無くなってしまった宣伝広報部。

それでもテレビの放送を気にかける寺田部長には皆ほとほと呆れていた。

そこに突然、眞子がやってきて仕事を他の社員に押し付けてサボっていますね?と博史からの報告という名目で唯香に告げた。

いきなり部下にそんなことを言われ驚きを隠せない寺田部長はまた逆上するが眞子は至って冷静にまぁまぁ落ち着いてとなだめ楽しみしていたテレビの放送が始まりますよと教えてあげる。

ミスデビル

放送時間となり皆がテレビに目を向ける。

すると、映し出されたのは唯香が寺田部長に退職届を撤回させられているシーンが流れてきたのだ。

さらには湊課長をも裏で脅迫されていたのだ。

ミスデビル

急な展開に戸惑いと驚きを隠せないでいる寺田。

誰がこんな映像を流したんだと騒ぎ立てる寺田に眞子が詰め寄りカメラを向ける。

眞子に手をかけカメラを奪おうとした寺田だったが、眞子のハイキックによりめでたく撃沈。いや、あえなく撃沈したのだった。

真実を知った他の社員も皆肩を撫で下ろし、和やかな雰囲気に宣伝広報部が包まれていた。

きよのすけ
スッキリーーーーーーーー!!!!!!!!

眞子サマのしてやったりな表情に私もつられてしてやったりな表情になりました。
や良かった…。

スッキリしすぎて泣けてきた…。

辛かった…辛かったね…。

こんなにも間違っていることを”それは違う”と言えなくさせるのは明らかなるパワーハラスメント。

ここで、歯向かえない社員が悪いとか、社員の精神力が弱いんだとか思ってしまう寺田みたいな人はもう社会に居場所はないです。

Missデビル第6話をみて思い出してください。
泣いて悲しんでいた自分を怒りという感情で蓋をし頑張って走ったけど、それは自分の細胞を殺していたんだということに気づいてほしいです。
そして寺田のような細胞殺しにはならないでいてほしいです。


Missデビル、あなたがいてくれて本当に良かった。

♪♪感想まとめ♪♪

きよのすけ
今回のモンスター上司を演じるのは俳優の湯江タケユキさんです☆

ナイスモンスター役ということで、こんな早く苛つかせてくれた湯江タケユキさんにワタシから”ブラックダイヤモンドモンスター賞“を贈りたいと思いますw

でも難しいです。
男と女は違う生き物だから理解し合うことなんて不可能だとワタシは思っていますが。

なので、理解し合うのではなく”許し合うこと“なら出来ると思う。

許し合うことで絆が生まれると思う。

そう思ってはいるのですが、簡単にはいかないですね..。

人間て時間がかかる。
ものっすごい時間がかかる。

寺田自身も何が正解かなんて俺に分かる訳ないだろう!!

みたいな心の奥底で逆上したような声が聞こえてきますが、そりゃそうだろうね。

違う生き物なんだから分かるわきゃないよね。

でもね、その熱血教師的な態度はそんな”自分が好きなだけ”でしょ?

「みんなこんな俺のことかわいいなって思うでしょ?」

みたいなのが伝わってくる。

ヤベー状態っすわ。

自分に酔ってる状態なんでしょうねきっと。

このいわゆる”熱血指導“は社会問題でも取り上げられてますね。

熱血指導で人が亡くなっているんだから。

それは「違う」んだよって気づかないと、人を死なせてしまう立場の人間になってしまうんですよ。

恥を恐れてきキツくあたって頑固になってしまうのでしょうかね..。

恥をかくことを恐れてはいけないんだなと今回の寺田部長を見てそう思いました。

でもってこんなに子育てしづらい現代社会なんだもの。
なにが正解なんだろう。

Missデビル第6話、終始感情移入が止まらず荒ぶってしまいましたがとても勉強になり面白かったです。

ナイス脚本でした☆(上から目線)

MissデビルはHuluにて全話配信中です。
全話見るなら『Hulu2週間無料トライアル』がおすすめです。

※Huluはスマートフォン、iPhone、タブレット、パソコンなど全てのデバイスからいつでもどこでも簡単に視聴可能です。
※2週間無料お試しをご利用の際は、必ず2週間以内に解約をしてください。