家は物置じゃない。家を家として使わないと不調ばかり繰り返し家族関係も壊れて行く。

私は4人家族の末っ子として産まれ、実家を出て上京し現在一人暮らし6年目を迎えました。

家族仲は普通で仲良しな方ですが、家を出るまでの約20年間、超絶不仲だった頃をよく思い出します。(笑)

住環境の大切さ

2017年新年めでたく明けましてから先月9月末の約9ヶ月間、繰り返し体調を崩し続けていたのですが、心機一転。

部屋の掃除、断捨離、整理整頓を行い、現在、徐々徐々に運気が上がってきていることを実感しております。キラキラ

住環境の大切さを改めて強く感じ、忘れずにここに記しておこうと思いキーボードを打ち込んでみました。

実家はただの物置のようだった。

現在は姉の働きによりだいぶ綺麗になりましたが、私が実家にいた頃はフローリングの床は掃除もされていなければ、物が増えては使われずに隅に重なって置かれていくばかり。

何年も使われていないキャンプ用品やらパイプいすやらが仏壇の横に置かれたまま。

庭は使われていないホースやらスコップが置かれ、雑草だらけで全く手入れされていない状態。

玄関は靴が散乱し、ノコギリやら脚立やらがホコリをかぶって置かれっぱなし。

お風呂ではしょっちゅう排水溝が詰まって気持ちのいい入浴はできませんでした。泣

家族関係ぐちゃぐちゃ

20歳の家を出る年まで、心の底から家族が大嫌いでした。

全員しんじゃえ。なんて毎日毎秒思っていました。(笑)

私の心はものすごい歪んでいましたし、家族全員の心も歪んでいました。

いま思えばとても恵まれた暮らしをしていたであろうに、いつも心は寂しい気持ちでいっぱいで、暴言を吐いたり吐かれたりを繰り返し、恵まれた生活を実感できることはありませんでした。

学校に馴染めなかった私にとって、1番安心するはずの家がとてつもなく居心地の悪い場所となってしまっていました。

私の居場所はここじゃないんだ。

と、毎日毎日この家から、家族から離れることを考えていました。

繰り返されるラップ現象、怪奇現象

霊感がものすごい強いわけではないですが、私と姉は家の中で幽霊を見たり、少し怖い現象に合うことがよくありました。

幽霊といってもくっきりとした姿ではなく人の気配や黒い影だったりですが。

特に多かったのが廊下を歩く足音でした。

誰が来たのかな?と廊下を見るのですが誰もいなかったということがしょっちゅうありました。震

これは毎回怖かったです‥。

それと夜寝る前にはラップ現象がピシンッパシンッ♪と鳴りだすのです。

この怪奇現象も物がごちゃごちゃに置かれた住環境の悪さと関係していたのかな‥。

今思えばそんな気がしてしまいます。(笑)

物はあるべき場所へ置いてあげる

靴は靴箱へ。

食器は食器棚へ。

服はたたんでタンス、ラックの中へ。

あるべき場所へ、住所を決めて置いてあげる。

‥簡単なようでこれがなかなか出来ない。

整理整頓、やらなきゃいけないのは分かっているのに。これってけっこう難しいことです。

心に余裕がないと出来ない。涙

でもそこを踏ん張ってやってみる。

文句いいながらでもいい。

泣きながらでもいい。

なんだったら好きな音楽聞きながら、お菓子を食べながらでもいい。

1回だけでもいいからやってみる。

継続させるのはそれからでいいのだから。

1回でいいからやってみるのが大切。

そうしてやってみると、不思議なことに心に余裕が出来てくる。

不思議。キラキラ

3年以上使っていない物は味の無くなったガムと一緒

「質問です。味のしなくなったガムをいつまでもいつまでも噛み続けますか?」

「‥新しいガム、食べたくない?」 です。(笑)

ほんとコレ。!!

昔の自分にぶつけてやりたい台詞っっ。!!

使っていないということは、無視しているということ。

無視されるのは人も物も悲しいもの。

居場所を与えることが出来ないのなら、さっさと手放して解放してあげること。

居場所を与えてあげなければ、その物に対して送る視線もだんだん冷たくなってしまうのです。

最悪見向きもしなくなり、完全無視状態になってしまいます。

これからも一緒にいるのか、それとも解放してあげるのか、決めてあげましょう。

大丈夫。安心して手放そう。

古いガムを捨てれば、新しいガムがすぐやってくるのだから。キラキラ

片付けられない女だった

私はそう、片付けられない女でした。

部屋が部屋ではなく、それこそただの物置みたいに使っていました。

片付けられない女だったからこそ、片付けの大切さが身に染みてわかる。

整理整頓をして、徐々に運気が変わってきているのを実感しているからこそ片付けって本当に大切なんだってことを学びました。

愛する人を気にかけるように家も気にかける

1回だけでもいいので、玄関どう?ホコリどう?ホコリとった方がいい?と気にかけてみてください。

家は雨風しのげて、安心して寝かせてくれる大切なパートナー。

気にかけてあげることが大事なのです。

愛情とは気にかけてあげること。

不調が続いてる人は、住環境を見つめ直してみると良いかもしれません☆(´∀`*)

ここまで読んでいただきありがとうございました(´∀`*)(´∀`*)(´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です