海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 12話ネタバレHuluプレミア

Hulu独占配信中エリザベス・モス主演ドラマ
ハンドメイズテイルシーズン2は第12話の見てみた感想です。

ハンドメイズテイルシーズン1第1話 ネタバレ感想

ハンドメイズテイルシーズン2第1話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第2話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第3話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第4話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第5話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第6話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第7話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第8話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第9話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第10話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第11話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第12話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第13話最終回ネタバレ感想


ハンドメイズテイルはHulu
独占配信されています。

シーズン1全話~シーズン2の
最新話まで視聴できます♪

ハンドメイズテイルを無料で見るなら
Hulu2週間無料トライアル
おすすめです♪

2週間無料トライアルの登録は
↓こちらをクリック↓

※2週間無料お試しをご利用の際は、
必ず2週間以内に解約
する必要があります。

詳しい登録方法と解約方法は
こちらから♪
↓↓

海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 12話ネタバレHuluプレミア

<12話あらすじ>
オブフレッド(ジューン)はなんとか赤ちゃんのそばにいようと策を巡らせ、ニックは罪を犯した者に対するギレアドのむごい仕打ちに心をかき乱される。一方、エミリーは新しい家に配属されることになるが、そこには一風変わった司令官がいた。

“赤ちゃんのそばに”

命からがらに1人っきりで赤ん坊を出産したジューン。
赤ん坊は女の子だった。

名前は”ホリー”と名付けた。
母の名前だった。

しかし、その腕のなかにホリーはいなかった。

ようやく自分の元に赤ちゃんを迎えることが出来たセリーナは赤ん坊に”ニコール”と名付けた。
セリーナはジューンを家から追いやり、搾乳は機械を使って運ばせた。

母乳は出にくくなる一方。
あまりに効率が悪く、このままではニコールの成長に悪影響がでるのは一目瞭然だった。

フレッドはご褒美とでも言わんばかりにセリーナには内緒でニコールをジューンに会わせにやってきた。
直接触れることは出来なかったが、久しぶりに自分の子の顔を見れて安心できたのかジューンの乳房からミルクが溢れ出した。

リディア叔母もさすがにこのプロセスを繰り返すのは赤ん坊を育てるのに効率が悪過ぎると感じ、ジューンを家に戻してもらうようお願いした。

腕に抱くことはできないが、ホリーのそばにいられることはジューンにとってささやかな救いだった。

しかし、セリーナはジューンが家にもどってきたことを許せず逆上するばかりだった。

きよのすけ
セリーナが”ニコール”をお風呂にいれてあげているシーン…。

ものすごい幸せなシーンなはずなのに、ぞっとするような不気味なBGMに正常ではない異常な光景であることを改めて思い知らされる。

“新しい配属先”

一方で、エミリーは新しい配属先へと移されていた。

そこの司令官は他の者たちよりもだいぶ変わり者だった。
女中にいたっては片目がすでにえぐり取られ態度も相当悪かった。

最初の挨拶にとリディア叔母も同行したが邪魔者扱いするようにすぐに追い出されてしまう。

異様な雰囲気にエミリーは困惑するばかり。

不思議なことに、エミリーがこっそり雑誌の文字を読んだところを発見したにもかかわらず、何の罰もあたえることはなかった。

ギレアドでは侍女どころか女性が文字を読むことは許されていない。
もし読んでしまったら初犯は指を一本切り取られる。

その夜、エミリーの元に司令官の妻が顔を出しにやってきた。
妻はエミリーの名前を聞き出すなりこれまた他の夫人とはだいぶ違う人種のようだ。

ここの司令官があの”コロニー”を作ったのだと話だすなりヒステリーを引き起こしはじめる。

恐怖で震え上がるような金切り声はすぐに司令官の耳に届き、エミリーの部屋から追い出しにやってきた。

そのあとにエミリーは司令官の書斎へ案内され、久しぶりのワインを口にする。

司令官の名前はローレス。
ギレアド経済の中心的人物。

ローレスは、過去にエミリーには息子がいたこと、モンタナ州出身であること、体の一部を獲られたこと、

そして、大学の教授であったことも言い当てた。

エミリーは、本音で答えていいのか戸惑いながらゆっくりと答えていった。

きよのすけ
この時点では分からなかった。
ローレス司令官。
あなたこそ侍女たちを救う光明だった。

でも、恐ろしいことにギレアド経済の中心的人物。

まぁ、どんなにトップの人間でも派手には動けない。

“イーデンとアイザック”

ウォーターフォード家に戻った夜、キッチンでイーデンと会った時ジューンはあることを伝えてあげた。

「あなたがここで愛を見つけたなら、決して手放さないで」

本心だった。
だって、この世に生を受けたのだからそれは当然のこと。
何も間違ったことなどない…。

翌朝、ニックが心配そうな様子でイーデンを探しまわっていた。
朝起きたらイーデンの姿がなかったのだ。

そして、アイザックの姿もなくなっていた…。

2人揃って逃げ出したと、誰もが一瞬で察知しただろう。

このことがフレッドの怒りに触れてしまい、もう罰を受けることは避けられないだろう。

どうか2人が捕まらないことをジューンは祈るばかりだった。

しかし、神は2人の愛を救ってはくれなかった。

イーデンとアイザックは連れ戻されてしまい、足に重い鉄の塊をくくり付けられ、深いプールの中へ落とされてしまった。

しかも、残酷なことにイーデンの母親と妹の前で。

イーデンは、最後まで神の心得を信じきっていた。
それこそが”ギレアド”の真実であるに違いないと…。

しかし、ここは”ギレアド”だった。

ここでは、真実の愛が罪となるー。

イーデンとアイザックの死は、全ての者に強烈な悲しみを植え付けた。

一部の司令官たちを除いて、大半がこう思ったに違いない。

“こんなの間違っている”

ニックは酷い後悔に襲われた。
まだほんの15歳の少女と20歳の若者をどうして救うことが出来なかったのか。

コレが”圧制国家ギレアド”であることも再認識しただろう。

その日の夜、イーデンが殺された悲しみでセリーナは精神的にかなり参ってしまっていた。

ジューンは心配になり、拒絶されていると分かってはいてもこの日だけは悲しみを共有できた。

「ウォーターフォード夫人、大丈夫ですか…?」

セリーナはこの悲しみを1人きりで抱えるのには限界だった。

このあと、ぐずりだしたニコールにセリーナは初めてジューンに直接腕のなかで抱いてもらい、お乳をあげることを許した。

きよのすけ
こんなことって…。
イーデンとアイザックを殺したギレアドには必ず罪の報いが来るはず。

ここにかつてのアメリカ合衆国はないんだ。

ここは完全なる”ギレアド”だということ。
レイプから始まる惨劇。
逃げ出そうとする者、それを救い出そうとする者なら虐殺されてしまう。

そして、そんな非人道的な国で生まれた純粋な愛でさえ、ここでは虐殺対象となる。

何が悲しいんだかもう分からなくなってきてしまいました…。

海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 12話感想まとめ

きよのすけ
シーズン2第12話、毎回衝撃的なストーリーですが毎回衝撃を脳みそが受けとるので若干パニック起こしてます。

1番許されないことが起きてしまいました。

ギレアドには愛情というなの感情は皆無。
カケラさえも落ちていない。

ギレアドの法律は世界では違反行為。
死刑に該当するもの。

イーデンとアイザックはただ恋に落ちただけ。
愛し合っただけ。

それがなぜ罪となるの?

アホすぎて言葉が出ない。

アメリカがこんなんなってしまっているのにカナダしか出てこないのは制作費の問題でしょうか??
もっともっとリアルに描けば日本だってアジア諸国だって動き出すのに。

…いや、日本だって動き出す?
この考えはきっと違うのでしょうね。

リアルに考えたら、日本はアメリカで起きたことをまるで実験のように10年後に導入しているから、こうなってしまうのはもしかしたら時間の問題なのかもしれません…。

“ギレアド”は未来の日本を描いてるのかもしれない。

そうなったら今度こそ日本は終わるだろう。

日本もギレアドに汚染されてしまったら、わたしは喜んで爆弾のなかに身を放り投げるでしょう。


ハンドメイズテイルはHulu
独占配信されています。

シーズン1全話~シーズン2の
最新話まで視聴できます♪

ハンドメイズテイルを無料で見るなら
Hulu2週間無料トライアル
おすすめです♪

2週間無料トライアルの登録は
↓こちらをクリック↓

※2週間無料お試しをご利用の際は、
必ず2週間以内に解約
する必要があります。

詳しい登録方法と解約方法は
こちらから♪
↓↓