海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 9話ネタバレHuluプレミア

Hulu独占配信中エリザベス・モス主演ドラマ
ハンドメイズテイルシーズン2は第9話まできました。

前回おぞましいことにフレッドから暴力を受けたセリーナ。
これを受けてセリーナ自身”ギレアド”に対する心境は変わったように思えますが、なにか変化が起こるのでしょうか…。

ハンドメイズテイルシーズン1第1話 ネタバレ感想

ハンドメイズテイルシーズン2第1話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第2話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第3話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第4話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第5話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第6話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第7話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第8話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第9話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第10話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第11話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第12話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第13話最終回ネタバレ感想


ハンドメイズテイルはHulu
独占配信されています。

シーズン1全話~シーズン2の
最新話まで視聴できます♪

ハンドメイズテイルを無料で見るなら
Hulu2週間無料トライアル
おすすめです♪

2週間無料トライアルの登録は
↓こちらをクリック↓

※2週間無料お試しをご利用の際は、
必ず2週間以内に解約
する必要があります。

詳しい登録方法と解約方法は
こちらから♪
↓↓

Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法

海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 9話ネタバレHuluプレミア

<9話あらすじ>
ウォーターフォード司令官が外交任務で海外へ赴くことになり、同行したセリーナはギレアドの外の生活を目の当たりにして葛藤する。ルークとモイラは司令官夫婦の訪問に抗議し、オブフレッドは生まれてくる子を守ろうと策を練る。

“産んだらすぐに出て行って”

“ここでの宿泊条件はレイプ。
自由をうばわれ、買い物に行けること意外はなにも望めない。”

窓際のイスに座り暖かい日差しを受けながら、ジューンは今置かれている状況を自分に納得させるかのように考えこんでいた。

するとドアをノックする音がなる。
女中のリタが司令官が呼んでいるから行こうと知らせにやってきたのだ。

居間へ集められるとしばらく家を留守にするとの報告を受ける。
フレッドとセリーナの2人に運転手のニックもだ。

留守の間、監視役として代わりの”目”の者が居座ることとなった。
アイザックと名乗るその男は推定20歳前後のこれまた随分と若い男だった。

ジューンはどこへ行くのか訪ねると、予想外の答えが返ってきた。

「カナダだ」

希望の都、カナダ。
脱走がうまくいっていれば今ごろジューンもカナダにいたかもしれない。

あの爆弾事件を受けて外交への道が開かれたのだとフレッドは嬉しそうに語る。

カナダへはセリーナも一緒に行くのことになったが、昨日の今日でセリーナはフレッドに対してかなり怯えるようになってしまっていた。

出発直後、セリーナはジューンのもとへ訪れると「この子と離れたくない」と、つい本音を口にする。
ジューンは「大丈夫です、本当に」と安心させるよう伝えたのだが、この言葉がセリーナのプライドにでもひっかかってしまったのだろうか。

「よく考えたんだけど、赤ちゃんを産んだらすぐにこの家から出て行って」と伝えられた。

突然の言葉にジューンの頭は混乱した。

何を血迷ったのかセリーナは赤ちゃんを産んだらすぐにここから出て行けと言うのだ。

規則では乳離れするまで侍女は家にとどまらなければならない。

何故そんなことを急に言われなければならないのかジューンはショックを受ける。

セリーナは”お互いこれ以上そばにいない方がいい”と告げたが、まったくもって意味が分からなかった。

ハンナに、そして次に生まれてくる子からも離されてしまう…。

尋常じゃない不安とやりきれない悲しみがジューンを襲った。

きよのすけ
“お互いの為にこれ以上そばにいない方がいい”
んんん?
いまさら何を言っているんだ。?
ジューンからしたらもっともっともっと早くに言ってほしかったよ。

結局知能が低いのよセリーナは。
圧政国家ギレアドを作った張本人のこの女は最低レベルの人間よ。

けっきょく自分のことしか考えていない。
そんな人間が人の上なんかに立てるはずも無い。




“カナダへ”

飛行機を乗り継ぎ、フレッドとセリーナとニックはカナダの地に足を踏み入れた。
カナダ全土でもこのことはニュースとなっていて、モイラとルークはテレビに映し出される映像を見て睨みつける。

車で移動するなか、セリーナは窓の外を見つめては無邪気な子どものように微笑んでいた。
みな違う服装に違う髪型。
ウォーキングする人、キスをし愛し合うカップル。

カナダの街にはギレアドには無い自由があった。

外務省へ到着するなりセリーナはフレッドと早々に別行動になる。

セリーナの青い服装はここではとても浮いていた。
周りから注がれる冷たい視線もさらにセリーナを孤立させる。

バーへ行くとマークと名乗る一人の男から声をかけられた。
アメリカ政府の代わりであるとだけ伝え、くわしい身元は明かさなかった。

マークは「力を貸そうか?」と、セリーナに”新しい人生”をおくる提案をし、ギレアドが不条理な国であることをおしえてあげた。

“ギレアドは少子化の原因を女性に押し付けている”

不妊の主な原因は男性側にあるという研究結果が出ているのだ。

セリーナはこの事実を聞き驚愕する。

それでもギレアドから去ることは考えなかった。
マークもこれ以上セリーナの心を乱すことは出来ないと判断し「また会えるかもしれませんね」とだけ言い残しその場を離れた。

きよのすけ
日本では今でも不妊の主な原因は女性側にあるという考えが強くありますよね…。
赤ちゃんがなかなかできなくて不妊に悩んでいる方と何人か出会ってきましたが、彼女たちはみんな姑からのプレッシャーを感じていました。

それにともなって自分自身の体を責めていました。

どうか自分の体に問題がある訳ではないことを彼女たちに知ってもらいたいです。
自分を責めないでと伝えたい。

そしてパートナーである旦那さんと同じ女性であるお姑さんこそ、この事実を知ってもらうべきですね。

ここまで取り上げて描いてくるとは思っていなかったです。
ハンドメイズテイルが訴えているものは計り知れません。

“赤ちゃんを守る為に”

ジューンは買いものから戻ると、リタにあたたかいミルクをお願いし部屋まで運んできてもらいセリーナから赤ちゃんを産んだらすぐに出て行くように言われたことを告げる。

「わたしはこの子に優しさを知ってほしい」

“優しくしてくれる人が必要なの、この子の人生には”

交わす言葉は少ないけども、リタはジューンの意志を理解した。

女中の身分も低く、侍女と同じように自由は望めない。
そんななかでも「出来ることはする」と、涙をにじませながら約束した。

「…ありがとう」

ジューンはうれし涙を流しながらお腹のなかにいる子にリタは味方であると教えてあげた。

きよのすけ
優しさを受けるか受けないかで人生の幸福度はにはかなり差がうまれる。

リタも自分の息子をギレアドにとられた身としてジューンの気持ちは充分理解できるのでしょう。
リタにリディア叔母にお願いするってことは、ジューンはもうお腹のなかの赤ちゃんと逃げることは断念せざる終えないと感じたのですかね…。
もう逃げ出すことはもう無理なんでしょうか…(泣)




“何があろうと愛している”

“ギレアドを許すな”
ホテルの前にはデモで集まった者たちであふれかえっていた。

ルークもデモに参加し、車から降りてきたウォーターフォードに直接声を投げつけた。

「このクソやろう!!お前に妻を犯されている!!俺を覚えておけよ!!いつか報いを受けさせる!!」

ルークが手に持っていたジューンの写真を見たセリーナにニックは顔をゆがませ動揺した。

鳴り止まない怒号にブーイングの嵐。
一気に自分たちが犯罪者のような感覚に襲われる。

セリーナは認めないように必死でいた。
自分たちが人道から外れた恐ろしい道を歩いていることに…。

きよのすけ
怒りと悲しみが肌にビリビリ伝わってくる。
このシーンは何度見ても胸が苦しくなる。

フレッドの脳にイルミ(ハンター×ハンター)の針でも打たないかぎりこのクズ人間は二度と変わらないだろう。

でもセリーナは違う。
あなたはまだ変われるでしょ。

その夜、ニックはルークの元を訪れジューンと知り合いであること、生きていること、そして妊娠していることを伝えた。

ルークは悲しみと怒りから涙があふれ出た。
「きさまらはどいつもこいつも怪物だ」

ジューンのお腹にいる赤ん坊はウォーターフォードの子ではなく自分の子どもであることをニックは黙っていることにした。

そして、ジューンが”メーデー”から受けとった手紙の束をルークへ渡した。
「ジューンからだ。きっと使える」

ルークはこっそり伝えにきたニックを信頼し、ジューンを守ってくれるようお願いした。
それとモイラが脱出したこと、そして“何があろうと愛している”と、伝言を頼んだ。

ニックはルークの思いをしっかり受けとった。

そしてルークは、ニックから受けとったジューンからの手紙の数々をモイラたちと協力してネットに公開し世界中に拡散した。

これを受けてカナダとの協議は中止、フレッドたちは早急にギレアドに帰るよう要請された。

家に戻ると、ニックはすぐにジューンの元へ行きルークからの伝言を伝える。

あの手紙が世に出たこと、ルークが何があっても愛していると言っていたこと。
そしてモイラが脱出したこと。

心の底から愛情に包まれるような久しぶりの感覚にジューンはたまらず涙があふれた。

同時にジューンは現実を受け入れた。

“あなたがここで産まれることを受け入れなければ”

お腹の子とギレアドから一緒に逃げ出すと、一度いだいた希望を捨てることに決めたのだ。

きよのすけ
ニックは複雑だろうけど、それでもルークに会いに行った。

ニックがいなければカナダも危なかったかもしれない。

ただ仕事を求めただけだったのに。
こんなことになるなんてニックも切な過ぎる。

ジューンを愛しているなら、大切に思うなら自分の所からも逃がしてあげてほしい。

海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 9話感想まとめ

きよのすけ
第9話、ついにカナダへ訪問したわけですが猛反発の大ブーイングをくらいホッとしました。
冒頭から議員の一人がフレッドに噛み付く姿勢は有り難かったです。

そしてルークと対面したセリーナはひどく動揺したでしょうね。
同じ女だもの。
ジューンがどんな気持ちでいるか一瞬で理解したはず。

そして自分たちがどれほど恐ろしいことをしているか、どれほどたくさんのにくしみを生んでいるのかもね。

フレッドには道は無いけど、セリーナにはまだ道がある。
火あぶりで処刑される前にギレアドを崩壊させてほしいです。


ハンドメイズテイルはHulu
独占配信されています。

シーズン1全話~シーズン2の
最新話まで視聴できます♪

ハンドメイズテイルを無料で見るなら
Hulu2週間無料トライアル
おすすめです♪

2週間無料トライアルの登録は
↓こちらをクリック↓

※2週間無料お試しをご利用の際は、
必ず2週間以内に解約
する必要があります。