海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 8話ネタバレHuluプレミア

Hulu独占配信中エリザベス・モス主演ドラマ
ハンドメイズテイルシーズン2は第8話まできました。

ハンドメイズテイルシーズン1第1話 ネタバレ感想

ハンドメイズテイルシーズン2第1話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第2話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第3話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第4話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第5話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第6話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第7話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第8話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第9話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第10話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第11話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第12話ネタバレ感想
ハンドメイズテイルシーズン2第13話最終回ネタバレ感想


ハンドメイズテイルはHulu
独占配信されています。

シーズン1全話~シーズン2の
最新話まで視聴できます♪

ハンドメイズテイルを無料で見るなら
Hulu2週間無料トライアル
おすすめです♪

2週間無料トライアルの登録は
↓こちらをクリック↓

※2週間無料お試しをご利用の際は、
必ず2週間以内に解約
する必要があります。

詳しい登録方法と解約方法は
こちらから♪
↓↓

Hulu2週間無料トライアル登録&解約方法

海外ドラマハンドメイズテイルシーズン2 8話ネタバレHuluプレミア

<8話あらすじ>
ジャニーンが産んだアンジェラが病気になり、オブフレッドとセリーナは赤ん坊を救うために手を取り合う。
爆弾事件で入院中だった司令官は家に戻り、自らの権威を取り戻そうとある行動に出る。

“仕事ができて楽しかった”

作業は夜に行われる。
セリーナが書いてジューンが読む。
新しい日常だった。

そして2人にとって久しぶりの仕事でもあった。
世が世なら、おそらく2人は最高のビジネスパートナーになれたかもしれない。

「編み物なんて大嫌い..。本当言うと…。」
会話の途中でセリーナの口から本音が漏れた。
たまに出る素の表情を伺えてジューンも緊張がほぐれる。

ジューンから文章がうまいと褒められると、セリーナは素直に感謝の気持ちを伝えた。

「ありがとう。見てもらってるおかげ。」

きよのすけ
こうやって2人はたまに些細な時間に打ち解けあっている…。
見ている側としてはとても微笑ましいけど、そんな柔らかい時間もすぐに終わってしまう…。

2人の間にある分厚い壁は壊れることは無いのかな…。

そして、全ての原稿のチェックが終わった。
これで明日の朝には病院にいるフレッドの元へ持って行けるだろうと思ったが、まさに明日の朝フレッドが家に戻ってくることになったのだ。

体が回復して退院できたことは喜ばしいことだろうが、素直に喜べるはずがなかった。

また気を張り巡らせながらの生活が始まるのだ。
ジューンの体中に多大なストレスが巡る感覚が襲った。

そして翌日、フレッドが戻ってきた。
まだ万全の状態とは言えなかっが、杖をつきながら歩けるようにまで回復していた。

フレッドを出迎えた後、自分の部屋に戻るとベッドの上に可愛らしい箱が置かれていた。

蓋を開けるとオルゴールの音色が流れた。

ジューンはすぐにセリーナからの贈り物だと分かった。
まるでクリスマスのプレゼントのように心が温かくなった。

ジューンは心の中で、
“私も一緒に仕事ができて楽しかった”と、ささやいた。

きよのすけ
どうしてこんな形で2人が出会わなければならなかったんだろう。

きっと2人は良い友人になれたはずなのに。




“虚しさ”

まだ何も知らないイーデンにとって、フレッドの復帰は喜ばしいものだったのかもしれない。

退院のお祝いに贈ったプレゼントは喜んでくれただろうか?
そうジューンに投げかけても最初の頃のように微笑んで肯定してくれなかった。

まだ15歳の彼女にとって、些細なことが大きな悩みのカケラとなる。

ニックとの家に戻ったイーデンは今日も言い表しの無いむなしさに包まれる。

部屋に戻ってきたニックを暖かく迎え入れるがいつものように距離を感じる態度。

もっとこの部屋をくつろげるように模様替えをしてもいいかとニックに好きな色を聞いてみるが、「好きにして良いよ」たったこのひと言しか伝えられなかった。

イーデンは、何のために自分はここに来たのだろうと自分の存在意義が分からなくなっていた。

きよのすけ
おそらく1番安全な立場であろうイーデンでさえもこの環境に耐えられなくなってきている。

ジューンに見放されるのも無理ない。

ジューンからしたら温室でぬくぬく寛いでる子猫にしか見えないでしょうきっと。

無知で無邪気が世界を明るく変えることも出来るはず。
でも、そんなの本当に綺麗事でしかない。
ギレアドは絶望の国。

“あの爆弾こそ祝福”

リタに買い物リストを渡され出かけようとした時セリーナも出かける身支度をしていた。

どうやらジャニーンが産んだアンジェラが病気になってしまったようでこれからナオミの家に向かうのだそうだ。

こればかりはジューンも動揺した。

ジャニーンに会ったらなんと声をかけよう。
きっと本人はこの事実を知らないだろうから。

この日もジャニーンはジューンの姿を見るなり嬉しそうに話しかけてきた。
「フォースと共にあらんことを」
そんな冗談を交えながらスーパーへと足を進める。

買い物のときだけは他の侍女たちと少なからず言葉を交わすことが出来る。

ジューンと仲の良いオブロバートことアルマがジューンの姿を見るなりこう言い放った。
「妊婦で良かったね」
皮肉もこめてなのだろう、フレッドが戻ってきてもジューンは妊婦のため儀式は出来ない。

続けてジャニーンが今の家は儀式しかしないから最高だなんてことを口にする。

「フェラしなくて良いの。神の祝福って感じ」

この軽はずみな発言がまたエミリーの怒りに触れてしまう。

「レイプは祝福なんかじゃない。あの爆弾こそ祝福よ」

“ギレアドの人間は皆死んでしまえばいい”

エミリーの言葉にジューンたちは回りにいる監視の”目”を気にする。

コロニーから戻ってきたジャニーンにとってはここは祝福の場になったかもしれない。
しかしエミリーにとってはまた地獄に引き戻されたに違いない。

きよのすけ
そう。
エミリーの言う通り。
みんな慣れてきて大切なことを忘れてしまっている。
決してこの日常に慣れてはいけないということ。
この異常な日常に。

1番怖いのは慣れて耐えられるようになってしまうこと。
そうなってしまえば逃げ出すことは困難になってしまう。

エミリーにとって、セリーナに手を貸したジューンはもはや敵なのかもしれない。

セリーナと手を組んだことを彼女は決して許してはくれないだろう。

ギレアドに長く居ると心がむしばまれるのをジューンは実感した。



“アンジェラの容態”

少しばかり緊迫した雰囲気に包まれたその時、外から乳児用の救急車が現れた。

皆が動揺し困惑するなかジューンの頭にはアンジェラの姿が浮かぶ。
なんとかジャニーンにバレないことを祈ったが遅かった。

後ろに居たブリアナがそっとアンジェラだとジャニーンに伝えてしまったのだ。

ジューンは思わずバツが悪そうな表情を浮かべる。
予想通り動揺し困惑し始めるジャニーンをなんとかなだめる。

一度落ち着いたジャニーンだったが興奮は収まらなかった。
外へ出ると”目”の存在も無視し本心の言葉を口にし続ける。

ジャニーンはアンジェラの生みの親。
当然の反応だった。

ジューンはどうにかしてアンジェラの容態を聞きつけてみせると約束する。

さらにジャニーンはアンジェラに会わせてとお願いするが「無理..、あの子には会えない」と言われてしまう。

その言葉を突きつけられたジャニーンは、ジューンがまるで夫人たちのように変わってしまったと怒りを向けた。

「アイツらみたいな言い方…」

ジャニーンから向けられた言葉がジューンの心に冷たく突き刺さった…。

きよのすけ
甘えないでジャニーン。
この場にジューンがいてくれなかったら今頃”目”に殴られているところだったよ。

それに”目”って本当に邪魔ね。
いまさらだけど。
本当に本当に本当に本当に本当に邪魔。
なにが守護者だ。

“出来ること”

アンジェラの容態は悪化の一途を辿るばかりだった。

夜、セリーナはジューンの元を訪れ相談を持ちかける。

アンジェラを救うにはギレアドが捜しきれていない治せる可能性のある医者を捜すことだった。
ただしこれは法に反すること。

「あなたはどう思う?」

セリーナは母親としての意見をジューンに尋ねた。

ジューンの答えは「もし自分の子どもが病気ならあらゆることをする。法に反してでも。」

それが正しい答えだった。

そしてセリーナとジューンは動き出した。

フレッドの反対を押し切って。

きよのすけ
フレッド、あんたは何も分かっていないただの中二病のクソガキだ。

い ま さ ら だ け ど 。

優秀な医者の確保。
そして産みの親であるジャニーンとの再会。

ジューンはなんとかジャニーンに会わせてもらえないかとセリーナを説得し、パットナム夫妻になんとか了承を貰うことに成功した。

もしかしたらアンジェラと会えるのはこれが最後のチャンスかもしれない…。

秘密裏に連れてこられた医者は現在女中として仕えられていた。
彼女は久しぶりに身にまとった白衣、そしてカルテ、そして渡された心音機…。
自分の役目を思い出し涙が溢れ出た。

そして診察へと入ったが、診断の結果アンジェラはもう手遅れだった…。

どんな手をほどこしても、アンジェラの生気は回復しなかった。

「今あの子に必要なことはあの機械を外して、抱いて安心させること。祈ること。」

そして、パットナム夫婦とジャニーンの腕のなかにアンジェラは抱かれた。
小さく呼吸を繰り返しながら

ジャニーンは最後にアンジェラへキスを贈った。
優しく優しく抱きしめながら。

きよのすけ
ギレアドでは女性の人権が皆無。
ぜったいに慣れてはいけない。
こんな異常な法律。



“つぐない”

セリーナとジューンが病院へ居る頃、フレッドはこっそりジューンの部屋に忍び込んでいた。
そこで目にしたのは見慣れない花瓶と1輪の花。
そして小さなオルゴールの箱。

フレッドはすぐにセリーナが贈った物だと勘づいた。

きよのすけ
キモイキモイキモイキモイ。
こっそり会いにくるなんてバカじゃないの。

というか、みんなこっそりジューンに会いにきてることに気づく。
夫人も、司令官も、運転手も…。

みんなジューンが頼りなのね…。

それでも気づかれないなんて、本当に大きな家なのね。

病院から戻ったセリーナとジューンはすぐさまフレッドに書斎に来るよう声をかけられる。
2人の間に緊張が走る。
そこで待っていたのは思いもよらない悪質非道な現実だった。

女中である名医を一時派遣するための派遣司令書にはフレッドの署名がされていた。
この署名はフレッド本人の直筆ではなく、セリーナが代わりに書いたものだった。

このことがフレッドの怒りに触れてしまった。

アンジェラの命を救う為にしたことだと言っても聞く耳は一切持ってはくれなかった。
ギレアドで子どもの命を救うこと以上に尊い務めがあるだろうか。

しかし、それ以上に尊い務めがあったのだ…。

夫に従うこと

心が凍りつくような言葉が返ってきた。

さらに法律改正の原稿を書き変えたことも、ジューンが手伝ったことまでもバレてしまった。

「”償い”をしないと」

そう言ってフレッドは腰に巻いていたベルトを取り外し、セリーナを椅子の背もたれに手をかけさせ腰を突き出すような姿勢にさせた。

そしてもの凄い力で何度も何度も何度も、何度も、セリーナの腰めがけて硬いベルトを叩き付けた。

何度も、何度も…、何度も。

セリーナのうめき声が響き渡り、ジューンはただただそれを見続けなければならなかった。
逃げ出すことも救い出すことも出来ず。

堪え難い苦痛が続いた。

きよのすけ
ドメスティックバイオレンス
まさか、ここにきてそれまでも描かれるなんて…。

ギレアドの男はかなり知能が低いのね。

このあと、ジューンはセリーナの部屋に行き声をかけにいくのですが、セリーナは強がって平気なフリを貫くのです。
全然平気じゃないのに。
セリーナの左側のお尻には無数の赤い傷跡が残ってしまった。

必死に泣いているのをバレないように声を押し殺して号泣する姿は悲しくて悲しくてしょうがないです。
「部屋に戻って」とジューンは冷たく追い返されるのですが、セリーナが苦しんでいるのをジューンも気づいていたはず。

セリーナをクソ女と思わせたり、時には女神と思わせたり…。
なんて作品なんだろうか…。

“奇跡”

翌日、病院では疲れきったパットナム夫妻とリディア叔母がソファで寝ていた。
そこに優しい歌声が耳に入り、リディアは目を覚ました。

脱ぎ捨てられた赤い服が床に散乱し、ジャニーンは窓際に腰をかけご機嫌に歌を歌う。

リディアはジャニーンが狂ってしまったとこの時点では思っただろう。
ため息に舌打をし、苦い顔でジャニーンのそばへ行ってみると、そこにはアンジェラの元気な姿があった。

奇跡が起きた。

アンジェラはジャニーンに抱きかかえられながら元気に笑っていた。
ジャニーンの揺るぎない愛情がアンジェラの細胞一つ一つに伝わり生気を取り戻したのだ。

リディアは喜びの感情しか湧かなかった。
「なんて可愛いの」

そこには今までの険悪な雰囲気はまるで無かった。
誰もがアンジェラへ微笑みと永遠の祝福を贈った。

きよのすけ
ジャニーンが口ずさんで歌っていたのはイギリス出身のミュージシャン”ダスティ・スプリングフィールド”の名曲♪I only want to be with you♪

ここでこの曲。
涙が止まらない。

そして人間は本当に”水”なんだなってことが分かります。
アンジェラはナオミから発せられるストレスや悪口、態度、全てを吸い取ってしまった結果このような状態になったのだと思います。

人間は”水”

誰もが純粋で透明で美しいまま産まれてくるのに、簡単に汚れてしまう。
本当に本当にか弱い生き物。
だからこそ親の愛情、産まれ育つ環境はとても大事になる。

ハンドメイズテイルシーズン2 8話感想まとめ

きよのすけ
今までに無いハッピーエンド。
ハンドメイズテイルを観て初めて暖かい気持ちになれました。
誰だって命の誕生は輝かしくて嬉しいもの。

こんなにハッピーなリディア叔母を見たのもなんだか驚きです。

アンジェラに必要なことは“抱いて安心させること”
これがどんなに大切なことか。

どんな病気でも治す薬は、人から貰う愛情なのではないかと思います。
人は人によって傷つけられ壊されるけれど、その傷を治し救ってくれるのもまた人なんです。

ジャニーンに会わせなければアンジェラは死んでいたでしょう。
今回ばかりはセリーナの行動は正しかった。
それなのに何故罰を下されなければならないの?

“夫の権力?”

クソくらえ。

シーズン2も残すところ2話となりました。
これで完結するとは思えませんが、はたして次回はどんな動きが見られるのでしょうか。


ハンドメイズテイルはHulu
独占配信されています。

シーズン1全話~シーズン2の
最新話まで視聴できます♪

ハンドメイズテイルを無料で見るなら
Hulu2週間無料トライアル
おすすめです♪

2週間無料トライアルの登録は
↓こちらをクリック↓

※2週間無料お試しをご利用の際は、
必ず2週間以内に解約
する必要があります。